4/22.jpg ピースケのページ(第九で9条) 次回の第九で9条ピース・パレードは10月6日(土)午後2時です。
ピースケのページ(第九で9条)
ピースケは、湾岸戦争をキッカケに生まれた平和を考えるキャラクター。ピースについての様々な情報とお知らせのページです。(特に毎月の第九で9条ピースパレードの更新をしています)
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次回の第九で9条ピース・パレードは10月6日(土)午後2時です。
「第九で9条を唄う?」
「何それ?」と思った人へ、
ベートーベンの交響曲第九番のメロディに憲法9条の条文をのせて唄うことなのです。
「なんでそんなことをするの?」と思った人へ、
まず、日本国憲法の中で「戦争はしません」と戦争放棄を掲げた条項が、憲法9条です。
この9条をもつ日本国憲法は、世界的にも非常に稀で貴重な平和憲法なのです。
だけど今、与党の自民党新憲法草案には、憲法9条の第2項を変えて、自衛隊を自衛軍に明記し、
戦争が出来る国にしようとしています。軍隊になるということは、「人を殺せる」
ということなのです! 世界第4位の軍事費をもつ自衛隊でも、今まで人ひとり殺すことの
なかったのは、この日本国憲法第9条が歯止めになってくれたからなのです。
だから皆さんに、9条の大切さを知ってほしくて、「第九で9条」を唄っているんです。
私たちは、憲法改正(?)のための国民投票までの3年間(発議まで)は、この御堂筋で
「第九で9条」を唄い続けたいと思います。私たちのパレードを見て、少しでも
9条のこと、憲法のこと、平和のことを考える機会にしてもらえたらと思います。
そして、もっとこの憲法を具体的に使うことに取り組んいけば、平和は創っていけます。
例えば、平和や安全保障が,防衛省や国防省で軍備を使う発想ばかりされているけれど,
徹底対話による平和省を世界各国に作る国際プロジェクトがあります。日本でもこれを
創る運動が始まってます。又、紛争地帯に軍備を使わず、非暴力で停戦や紛争を未然に防ぐ活動を
する非暴力平和隊が世界中で活躍しています。又、平和学という学問が確立されてきてますが、
これを義務教育に取り入れていくことも考えられます。又、現在、戦争に協力しない
平和地域(無防備地域)の署名運動が、日本各地の市町村で行われています。
又、私達の銀行を変えるだけでも戦争に協力しないこともできます。(詳細は、エコ貯金ナビのHPにて)
こんな平和的な施策が実は一杯あるんですよ。ただ、みんな、知らないだけなんですよ。
そして、私達一人一人の心を見つめることも大事ですよね。
戦争の火種になる恐怖心と怒り、戦争に突き進ませるプライドと欲望、
戦争を止められなくする無感心とあきらめ、戦争の心はそれぞれにあるってことを・・。
世界平和というマクロな平和、自分を含めた周りの人達とのミクロな平和、
体と細胞のようにマクロな世界は、ミクロなひとりひとりのつながりだと思います。
これらの全体と細部のどちらも大事で、どちらにも視点をおく目をもつことが、
本当の平和創りかなと思うんです。皆さんは、どう思いますか?

※尚、第九で9条ピースパレードの詳細は、時間の変更以外は、前回同様ですので、今までの記事をご覧下さい。



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。